電子タバコの安全性について

11月27日、複数の報道機関より、あたかも電子タバコ一般にに発がん性物質が含まれていると視聴者に誤解を与えかねないような報道がなされました。

しかし、実際に発がん性物質が検出されたものは、日本国内で流通しているリキッドのうち、ごく一部のリキッドを、ごく一部のバッテリー、アトマイザーで一定時間加熱を続けた特定の場合に、さらに一部のサンプルで蒸気中に発生した一瞬のピーク値であります。これらは、当社の取り扱っている製品ではなく、また電子タバコ一般に、常にこのような異常な値が出るわけではございません。

このたびは、当社のお客様のみならず、日本中の電子タバコを使用されている方に過度な不安を与えるような報道がされ、非常に残念です。

私どもも上記報道による検査を実施した国立保健医療科学院の研究室に問い合わせ、また意見を交換させていただきましたが、国立保健医療科学院の研究室の方も上記のような偏向報道がなされることは意図しておられず、安全な製品を安全に取り扱う方向で議論が進んでほしいということで一致しました。

当社といたしましては、お客様に過度かつ無用なご不安を与えないよう、また今まで以上に電子タバコの安全性に最新の注意をはらうよう努めてまいります。

そこで、今回、電子タバコの安全性に関する情報、および安全にご使用いただくための方法等、当社の情報を下記に掲載することにいたしました。下記情報は随時更新いたします。

【情報一覧】

11月27日の報道について

電子タバコを安全にご使用いただくために

リキッド安全検査証明書及び日本語訳